キャッシングのお申込みに必要な書類と不要なもの

消費者金融などのキャッシングは、お申込みには必要な書類があります。主なものは、本人確認書類です。 これは、運転免許証が一般的です。 免許証を持っていない人は、健康保険証やパスポートでも大丈夫です。 ただし、それらの書類に記載されている住所と現在の自宅住所とが異なる場合は、住民票の写しや記載事項証明書、納税証明書、保険証の領収書か請求書、公共料金の領収書か請求書など、現住所が記載されているもの(発行日から6ヶ月以内)を別に用意しなければなりません。 また、外国籍のかたは在留カードか特別永住者証明書なども必要であり、キャッシングの希望金額が大きいかたは、最新の源泉徴収票や確定申告書、または給与明細書(直近二カ月と一年分の賞与明細書)などの収入証明書類が必要になる場合もあります。 それから、印鑑、保証人、担保などは、キャッシングの場合は殆ど必要ではありません。 ただし、金融機関ごとに微妙な違いもありますので、詳細に関しましては事前に確認しておくことが大切です。

詳細はこちら(⇒専業主婦でも借りれるキャッシングCK218|知名度が高い業者)のサイトで!